湯治というスタイル

名湯草津と並ぶ薬湯

400年という歴史も、濃厚な泉質も、強酸性の薬湯ということも、『名湯』の名にふさわしい・・・。 単なる癒しのそれではなく、身体に必要とされた「湯治」としての本当の温泉。

日本屈指の薬湯は、日本三名泉「草津温泉」にも引けをとらない

およそ400年の歴史を持ち、古くから湯治で親しまれてきた薬湯。
Ph.1.7という強酸性の温泉が、惜しげなく掛け流されている。
単一の湧出口からの湧出量が日本一と言われています。

天下の名湯「草津温泉」と勝手に比較!

  中ノ沢温泉の湯 草津温泉の湯
泉質 酸性・含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
共に硫黄の含有量が多い特徴を持つ。
Ph値 pH.2.1 pH.2.1 ※湯畑源泉
湧出量 単一湧出 毎分13,400リットル (単一の湧出口からの湧出量としては日本一と言われる) 主に6つの源泉 毎分32,300リットル
源泉温度 68.3℃ 50~90度(源泉により異なる)
主な効能 胃腸病・リウマチ性疾患・慢性皮膚疾患・運動機能障害・慢性胃腸病・病後回復期(リハビリ)・婦人病・関節痛・水虫・痔・糖尿病・高血圧・また強い殺菌力があるため切り傷などの外傷など 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節の強張り、打ち身、挫き、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、動脈硬化症、切り傷、火傷、虚弱児童、慢性婦人病、糖尿病・高血圧症など

※草津温泉の情報は、「草津温泉観光協会サイト http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/ 」から抜粋

草津の湯畑と同じ手法を用いている源泉地では、木筒の温泉道が幾重にも並び、ここで含まれているガスを抜いている。ここでは、大量に湯の花が取れるため、木桶がいっぱい並び、余るほどの湯の花が・・・。 (昔は、ここの硫黄がマッチの原料とされていた。)  直線距離にして約7km引湯され、各宿の浴場に流れてくるので、温度はその間に少し冷やされるが、熱湯となるほどの温度。湯量に対し、温泉の利用数が少ないため、大量に湯は余り、沢に流されているほど。 贅沢にかけ流しの湯を楽しめるのが嬉しい。

文化を体感するなら混浴露天

女性にとっては、ちょっと勇気のいることですが、文化継承として露天風呂は混浴のスタイルでご提供しております。
女性専用の露天風呂を小さいながらご用意していますので、そちらもご利用いただけます。

男女別内湯大浴場

露天風呂とは別に、男女別に内湯があります。
広い浴槽も、惜しげも無く流れ出る源泉かけ流しは贅沢感を感じます。
源泉温度が高いため、熱めのお湯となっています。

日帰り入浴

入浴のみのご利用もお気軽に・・・
入浴 1回500円 タオルの販売あります。
入浴時間 11:00~16:00

ページの
先頭へ▲